ルクスレイは世界中から最先端のレーザー関連製品をお届けします

ファイバカップリング安定化装置 FiberLock

TEM Messtechnik社のファイバカップリング安定化装置 FiberLockは、レーザーをシングルモードにカップリングし、最適な条件でロックすることに特化した安定化装置です。温度や振動などによる光軸ズレを自動的に補正し、最適なカップリング状態を維持します。

アプリケーション

  • シングルモードファイバへの自動レーザー導光
  • ファイバーカップリングの高効率化/高安定化
  • アライメントの高速化

装置構成

FiberLockの装置構成

 

FiberLock 3D

X-Yスキャン機能と3次元ディスプレイ機能を有したスキャン・レギュレーション回路です。

BeamScan 2D

ビームスキャンを行うピエゾユニットです。同社製および他社製のピエゾアクチュエータへの置き換えも可能ですが、専用ユニットにより簡単にシステムを組み上げることが可能です。

miniPia FiberLock

ピエゾ電源および増幅器です。他社製の汎用ピエゾ増幅器を使用することも可能ですが、同社製品であれば安定した動作が保証されます。

動作原理

通常、シングルモードファイバにレーザーをカップリングするためには、長時間安定な精密マイクロメータを使用した上で精密な光軸調整が求められ、非常に大変で時間がかかります。Fiberlockを使用することにより、kHz の応答速度で数百ミクロン平方の範囲の二次元スキャンを行い、レーザーをファイバに自動的に導光できます。

FiberLockのスキャンモードでは、ファイバを通った先のディテクタで受光しながら、入力側のピエゾアクチュエータを使って位置スキャンを行うにより、最適なカップリング条件を導き出します、その後レギュレーションモードに移行し、デュアル位相ロックイン技術を用いた測定により、最適なカップリング条件から光軸が外れるとPID制御によりビーム位置の補正が行われます。この両モードによって、カップリング条件の最適化とその後の安定化が1台で実現します。

FiberLockのブロックダイアグラム

ディテクタによる受光状況はアナログまたはデジタルの3次元画像として出力することが可能で、各方向それぞれからの表示に切り替えることが可能です。

主な仕様

対応波長 標準:380~1100nm
対応スキャン角度 ±0.5℃
最大スキャン帯域 400~700Hz
スキャンレート 1~1000Hz
検出器入力感度 10mV~2V

取扱製品

些細なことでもお気軽にお問い合わせください。 TEL 0798-31-0500 営業時間:平日9時~17時

PAGETOP
Copyright © LxRay Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.